270406

Kuuleiのレッスンメニュー | Kuulei Communication

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

こんにちは。代表の植木です。

昨夜はアンガーマネジメント入門講座を開催しました。

ご出席のお二人は本当に勉強熱心な方々でした。『気付き』を持ち帰っていただければと切に願うところです。

 

さて、今日のお題は当スクールの研修メニューです。

アンガーマネジメントの研修を行うようになって気づいたことがあります。

その前にアンガーマネジメント研修においでになる受講生は、どんな方が多いと思いますか?

  1.  頭にくることが多くて『怒り方』を学びたい人
  2. 『怒る』ことは『良くないこと』、その良くないことをしたくないので何とかしたいと思っている人
  3. 『怒り』は何となく持つことはあるのは認めるというか、そうなんだと思うけど、言われてみたら、ボクシングのジャブのようにいつのまにかじわじわ効いてきて、、、、どうやって『怒り』を伝えたらいいかわからないんです…と感情を内に秘めてしまうタイプの人

小生は2番目の人達が中心なんだろうなと予測していました。

ところが、失礼ですが3番目の方々結構いらっしゃるんです。そういえば、事務局の内野がこのタイプでした(>_<)

なぜ「失礼ですが…」と前置きしたかというと、この3番目のタイプの方は、アンガーマネジメント研修とは対局でほぼいらっしゃらないだろうと小生は思っていたのです。思いこみはやっぱり視野を狭めよくないですね(>_<)

 

そして今日の本題につなげていきますが、まず2番目のタイプの方は、入門講座を受講したのち、アンガーマネジメント診断をして、まず自らを知っていただきつつ、応用講座や安藤アンガーマネジメント協会代表理事の著書にて更なる理解を進め実践することをおすすめします。

3番目のタイプの方。

ここに属する方々は、もっともっと自己肯定する必要があります。自分を自分で認めることです。

Kuulei Communicationのスピーキングエクササイズを受講して、まず自己肯定感を高めると同時に、自ら発信するトレーニングがかなり有効です。発信の仕方、つまりコミュニケーションとはキャッチボールですから、ボールを投げる練習が必要なのです。それも、失敗が許される環境で。Kuuleiはどんな暴投でもちゃんとミットに収めますから。

そして1番目の『怒り方』を欲している方。

怒らなくても、あなたの意志や気持ちは相手に伝わることを入門講座の中でお伝えしています。そこをふまえた上で『傾聴』することが大事かつ有効なのではないでしょうか!?

これは小生の投げかけです。そうです『傾聴』です。

数日前に『傾聴』について書きましたよね!

Kuulei Communicationでは『アクティブリスニング』と言ってます。

『横文字で長すぎ、よくわかんなーい』ってよく言われます。しかし世の中では『傾聴』という言葉だけ一人歩きしているような感覚が小生にはあるんです。『傾聴』することは大事だけど、それじゃ仕事にならないとか、親子関係が成り立たないとか…

なのであえて横文字を使っているんです。

 

で、この『アクティブリスニングエクササイズ(傾聴)』を、もっと短い期間で、そしてもっとリーズナブルなもの変更しようかと思います。けど、本当に身につけるには時間がかかるんですよね、傾聴。

実に悩ましいのですが、10月の料金改定(8/23のブログを参照)までに新しいプログラムを考えます。

 

やっぱりコミュニケーションってものはみんなつながっているんですね!!

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。【担当:植木】
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-**-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-**-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-**-*-*-*-*-*
*- Kuuleiは、ITとコミュニケーション教育事業であなたをお手伝いする総合プロジェクトです
*- 何か、あなたのお役に立てることはありませんか?
*- ITであれば
・事務所の引っ越しなんだけど配線どうしようか
・PC古くなったけどリプレイスしなきゃ
・IT経営とはいったい何だろう?
*- コミュニケーションであれば
・スピーキングエクササイズは場数、場慣れ、立慣れのため
・アンガーマネジメントは意にそぐわないことがあっても冷静に気持ちを伝えるトレーニング
・朝礼・会議・面接などでのあがり症・伝わりやすい話し方など
*- いつでもご相談ください!!
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-**-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-**-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-**-*-*-*-*-*
kuulei総合プロジェクト
千葉県千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階幕張ビジネスポート内
TEL: 080-5354-2914
Mail: info@kuulei.jp
URL: http://kuulei.jp
【事務局: 内野】
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-**-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-**-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-**-*-*-*-*-*